スポンサーリンク

[PlayStation 5]来たるイベントでは、どんなタイトルが公開されるか

 

Push Square の記事を翻訳いたしました(個人名・企業名は原文のままです)。
 固有名詞のカタカナ表記は補足でご確認ください。
 文中の英語(緑色のリンク)をクリックしても確認できます(↑で記事に戻る)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

要点: ソニーのゲームの未来を明らかにするPS5ゲームのイベントは何ですか?
好きなものを選んでください


Sammy Barke Sat 2020.5.30 1:00




 

 ソニーが、来たる「Future of Gaming」ライブストリームイベント(6月12日金曜日 午前5時)中に PlayStation 5 の最初のゲームを公開することはわかっています。
 新型コロナウイルス(COVID-19)によるパンデミックは、典型的な PlayStation Meeting という「物理的ショー」とは対照的に、Play of State 風のブロードキャストの一部として同社の手札を開示することを強いています。
 つまり、次世代のタイトルを選択するための予告編とゲームプレイのデモのプレイリストの展示を主催するする機会があり(迫っていて)、そこに何を含めることができるかについての(ファンによる)議論が活発です。

 

 この記事に記載されているすべてが最終的に「報われる」とは考えていませんが、推測により、ソフトウェアの「重大な」選択があることが示唆されています。
 この記事の一部としていくつかのサードパーティのタイトルを掲載していますが、日本の巨人が販売権を獲得したと私たちが信じているタイトルのみです。
 また、『Assassin’s Creed Valhalla』は、Xbox Series X とも連動しているため、除きました。

 


ファーストパーティ

 

 

 少なくとも、ショーケースの一部としていくつかのファーストパーティゲームがあると確信することができます。
 開発会社 Bluepoint Games が次世代コンソール 向けの「ビッグゲーム」に取り組んでいることをすでに公表されています 。よって、『Demon’s Souls』のリメイクは、最も確かなことのように考えられます。
 このプロジェクトは FromSoftware の伝説的なアクション RPG のリメイクであるとしばらくの間、想定(噂)されています。実際にそれを裏付ける証拠はまったくありませんが、その作品が PS5 自体と一緒にデビューすると(編集部では)想定しています。

 

 

 『ラチェット&クランク』は、もう何年も、永続的な噂になっています。
 このゲームはかなり前から PlayStation 4 向けに開発されているとも言われてきましたが、公式には発表されていないため、PS5 用に切り替えられたと想定しても安全でしょう。
 というのも、シリーズを重ねるごとに象徴的なキャラクタとして認識され、「すべての年齢層」の選択肢としても優れています。このプラットフォーム・ゲームよりも完璧なフランチャイズ を想像するのは困難です。
 それが(噂通り)実際に開発中であるならば、それはそこにあります。

 

 ただし、その他の潜在的なファーストパーティタイトルを挙げるのは、危うい賭けです(自信が持てません)。
 『God of War 2』と『Marvel’s スパイダーマン 2』が開発中であることはほぼ確実ですが、ソニーはそれらのリリースが近づくまで具体的な情報は表に出さないでしょう。
 『Horizon Zero Dawn 2』は、最も可能性の高い続編の発表とも思われます。Guerrilla Games という有名な「技術的魔法使い」は、真の次世代ショーのトリを務めるにはふさわしいのですが。しかも、アーロイの弓は、DualSense コントローラの完璧なショーケースであり、そのオープンワールドは確実にシステムの SSD をテストします。
 ローンチゲームになるかどうかは疑わしいのですが、かなりすぐに明らかにされることになると考えられます。

 

 『グランツーリスモ 7』は、特にそのロゴが漏えいしたこともあって、別の確実性のある候補のように思えます。
 Polyphony Digital は徐々にサービスモデルに移行しています。もし、PS5 発売後の早い段階でゲームを利用できるようにできたなら、シリーズ全体にメリットがあり、世代を超えて長く更新できるようになります。
 キャンペーンやその他の改良が施された『Gran Turismo Sport』の更新バージョンを想像するのは十分に現実的と言えます。このタイトル(のグラフィック)が PS4 で既に信じられないように見えるので、(実現するなら)PS5 のハードウェアにとっても素晴らしいベンチマークになるでしょう。

 

 私たちがある程度認識している他のファーストパーティプロジェクトには、『The Playroom』の続編が含まれる可能性があります。というのも、 Asobi Team は DualSense コントローラを実験してきました。
 また、ある種の FPS ゲームは、Guerrilla Games で制作されていると考えられています。ソニーは以前、マルチプレイヤーゲームをもっと使いやすくしたいと述べています。
 そして、新しいソニーの Sun Diego チームで制作されていると信じられている新しい『アンチャーテッド』のタイトルがあります。それは PS5 で発売されるタイトルの一覧に大きな追加となる可能性があります。

 

 

 最後に、『サイレントヒル』があります。
 これが存在するという実際の証拠はまだ確認されていませんが、(思わぬ形で)オンラインに顔を出したことにより、(私たちは)その存在を確信しています。レポートによると、2021のリリースを目指して Japan Studio で開発中であり、元のゲームの開発チームのほとんどが以前同様の役割を担っているとも報じられています。それが本当なら、噂でリークされているにもかかわらず、それは潜在的なメガトンタイトルです。
 そして、PS5 販売を牽引する可能性が高い『バイオハザード8』の発表により、両者は、1-2 ヒットを形成する可能性があります。

 

サードパーティ

 しかし、他に言うことはないのか、ですか(これまで報じられてきたものばかり挙げていると思われていますか)?
 まあ、明らかにサードパーティのタイトルがあります。『FIFA 21』は、PS5 に関連付けられている思いたい巨大フランチャイズです。それに、ソニーがとても短いトレーラ(公開の可能性)を排除していません。
 『Call of Duty: Black Ops Cold War』も不可避と言えるでしょう。
 そして、『Assassin’s Creed Valhalla』が別の方向に進んでいるのを見て、『Watch Dogs Legion』はおそらく PS5 ブランドで宣伝されるでしょう。

 

 それで言い残したことはないでしょうか?
 最もエキサイティングなゲーム。それは未知のゲームです。ワーナーブラザーズ・モントリオールから新しいバットマンのタイトルが出ると確信できます。ソニーはこれまで、このシリーズに力を入れてきました。
 そして、Rocksteady はどうでしょう?英国のチームは長い間沈黙しており、何かを明らかにする準備ができているにちがいありません。
 実際、ワーナーブラザーズには、パイプラインに組み込まれていると噂されているエキサイティングなソフトウェアの巨大な候補があります。『ハリーポッター』の RPG と『ヒットマン3』です。
 最終的には、これらを独自の条件で発表することを決定する可能性があります。

 

その他(可能性は薄いものの)

 『クラッシュ・バンディックー』は引き続き PlayStation と強く関連しており、シリーズの新しいタイトルの噂があります。それが他のイベントで明らかにされた場合、それは正しくないと感じます。
 そして、ソニーがブランドを築いてきた日本のゲームはどうですか?
 『Project Awakening』はオンラインで異常なまでの熱意を集めています。また、『龍が如く』シリーズは近年、(日本以外でも)かつてないファンのコミュニティが形成されています。
 コンソールの市場はメーカの本拠地では減少しているかもしれませんが、それでもその名前を築く一助となったプレイヤのためにプレーをしたいと思うでしょう。
 『Monster Hunter』? ひょっとしたら。

 

最後に

 もちろん、プラットフォームの所有者がここにリストしたタイトルをすべて示していれば、これは古くからのライブストリームになります。これらのゲームのすべてが含まれるわけではありません。おそらく、それらの半分も含まれないでしょう。
 しかし、これらのいくつか(のタイトル)は驚くべきニュースとしてもたらされるでしょう。そしてこの PS5 の詳細公開ついての記事が、あなたにあなたの気持ちを刺激しなかったとしたら、済みません。私たちは他の想定を持ちません。
 開催日を待望し、わくわくする時期です。

 

 ソニーが次世代の公開イベントで披露する PS5 ゲームはどれですか。
 ここにリストされていない、ロックだと思われるものはありますか?
 下のコメント欄で夢を見てください。

P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる


 

補足 カタカナ表記


原文カタカナ表記
Guerrilla Games ゲリラゲームズ


先頭に戻る




 

補足 新型コロナウイルス(COVID-19)

 Google による、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の分布地図と感染者数等のデータはこちらで確認できます。

記事に戻る




 

補足 公表されています

 噂も含めて過去の記事です(記事の公開日は上から古い順です)。

[PlayStation 5]PS5 のゲーム開発に着手している開発会社がある
[Bluepoint Games]次世代の視覚的なベンチマークの定義を目指す
[PlayStation 5]Bluepoint Games 開発中の作品を近日中に公開か
[噂]Demon's Souls リメイクと Bloodborne リマスタ

記事に戻る




過去記事紹介


[トピック]グランツーリスモ7 Instagram でのリーク投稿の顛末

記事に戻る




 

補足 The Playroom

 PS4 プリインストールソフト。開発は、SCE Japan Studio。
 DualShock 4 の使い方をユーザに示すためのソフトですが、PlayStation Camera が必要。
 ミニゲームは3つあり、

  • Play with Asobi(プレイ・ウィズ・アソビ)
  • AR Bots(AR ボット)
  • Air Hockey(エアホッケー)

です。また、無料でコンテンツの追加が可能。

 

 ちなみに、全く同名の『The Playroom 』というゲームソフトが1989年 、MS-DOS 用に発売されています。
 開発は、Broderbund(ブローダーバンド)。ゲームソフトや教育用ソフトを手がけています。
 特にファミコン世代には、

  • チョップリター
  • バンゲリングベイ
  • ロードランナー

が有名です。また、上記の作品は「バンゲリング帝国三部作」としても知られています。

 『カラテカ』(1984年)、『プリンス・オブ・ペルシャ』(1989年)等の開発でも知られています。
 なお、『イース』の Apple II 版のみ、この会社が手がけました。

 1998年に、教育ソフトメーカの The Learning Company に売却されましたが、ブランド名はそのまま継続されました。

記事に戻る




過去記事紹介

 情報錯綜、悲喜交々。

[トピック]コナミ、サイレントヒルの復活を検討中
[トピック]サイレントヒルの新作の噂、公式否定
[噂]Silent Hills の新作とリメイク
[トピック]Dead by Daylight への三角頭 過去の噂は現実になるか

記事に戻る




過去記事紹介


[噂]バイオハザード8 インサイダからのリーク
[噂]バイオハザード8は PSVR をサポート

記事に戻る




 

補足 Rockstaedy Studios(ロックステディスタジオ)


 ゲーム開発会社。
 2004年11月13日設立。ロンドン(英国)に拠点を置きます。
 2009 – 2016年まで、バットマンシリーズの開発を担当。
 2010年に、WBIE(ワーナーブラザーズインタラクティブエンターテイメント)により買収されました。

記事に戻る




 

補足 Project Awakening

 開発元は、大阪 Cygames。
 発売日は未定。

記事に戻る




 

補足 龍が如く(Yakuza)

 海外でも、ナンバリング作に関しては、全て、PS4 でプレイ可能となりました。
 『維新』『見参』は待望されていますが、未定です。

[龍が如く](海外)リマスターコレクションの真島吾朗特典
[トピック]GameSpot による2020年の予想(龍が如くのローカライズ)

記事に戻る



 

管理人からひとこと

ローンチ = DualSense のアピールの場でもあるわけです。
もっとも、これは映像だけでは伝わりませんがw
『サイレントヒル』はさておき、JAPAN STUDIO に登場願いたいです。


スポンサーリンク