スポンサーリンク

[PlayStation 5]本体価格の話題、再燃

 

Push Square の記事を翻訳いたしました(個人名・企業名は原文のままです)。
 固有名詞のカタカナ表記は補足でご確認ください。
 文中の英語(緑色のリンク)をクリックしても確認できます(↑で記事に戻る)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

再び、誰もが PS5 の価格について話している
高コストへの懸念が続く


Sammy Barker Thu 2020.8.13 12:30




 

 私たちはまだ PlayStation 5 の価格発表を待ち望んでいますが、『Halo: Infinite』の延期により、熱狂的な Xbox ファンの間では憶測がさほど活発ではないようです。
 ただ今週は、ソニーの次世代コンソール のコストに関する新たな懸念が生じているようです。今年は(とくに PlayStation 報道に関して)非常に高い実績を残し著名である Games Beat レポータの Jeff Grubb 氏が、システムのコストが$ 500を超える可能性があることを示唆しています。

 

 ポッドキャストの一部として、彼は推測を述べました。
 「私は、(次世代機が)$ 500 という価格で登場すると考えていました。しかし、そんなことを行えば、逆ザヤ(販売赤字)になります。
 また、Xbox Series X の方が製造コストが高いと思っていましたが、今では PS5 の方が高価で(Xbox)よりもマシンパワーが劣ると、人々は話しています」
 さらに、PS5 の突出した性質(性能)が発売時にマルチフォーマットタイトルにいくつかの違いをもたらす可能性があると彼は続けました。

 

 これは、他の Web サイトで共有されている考え方です。
 Grubb 氏の仲間の「インサイダ」である Dusk Golem は、カプコンが PS5 での『バイオハザード Village』の初期の開発においていくつかの問題を抱えていたと、最近主張しています。
 価格設定について、彼は言及しています。
「人々(購入者)は本当に現実的な可能性に備えるべきです。PS5 が2つ(の次世代機)を比較して、より高価なコンソールになってしまうということに」

 

「ご自身で備えるように、と申し上げたので、ここでは多くを語らないようにします。
 Xbox Series X は、より安価で強力なコンソールになる位置にあります。一例として『バイオハザード Village』を挙げましたが、他の開発会社から PS5 が特に 4K ゲームで苦労しているため、疑似4Kがたくさん表示されると聞きました。
 それは一部の人には関係ありませんが、そのような心積もりも必要かと」

 

 もちろん今年の前半、ソニーが実際に PS5 の生産を増やしたという事実を実際に議論(考慮)している人はいません。
 当初は、500 – 600万台を目標としていましたが、2021年3月末までに1000万台を生産する予定です。$ 500を超える価格でこのような台数を販売する計画は、考え難いのです。

 

 Bloomberg によれば、PS5 の原価は約$ 450であり、来年のソニーの財務予測をざっと見ると、ハードウェアで小さな損失を想定していることがわかります。これは、新しいコンソールの発売を反映して「収益」(売り上げ)が大幅に増加すると予測しているが、「営業利益」はわずかしか増加しないとみるためです。

 

 次世代のコンソールが高額になることは間違いありません。
 Microsoft がソニーのシステムのよりも(製造・販売)コストを削減できたとしても驚くことはありません。とはいえ、ここでは PS3 時代のような大失敗について心配しているわけではありません。
 日本の巨人はそれがかなりの数のユニットを動かすことができると信じているので生産を倍増させたのでしょう。もしかなり高価な本体価格なのであれば、そんなことは行わないと考えられます。

P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる


 

補足 カタカナ表記


原文カタカナ表記
Jeff Grubb ジェフ・グラブ


先頭に戻る




過去記事紹介


[トピック]Halo Infinite の発売延期 PS5 のローンチタイトル完全公開はいつか?
[トピック]Xbox Series X の同発タイトル Halo Infinite が発売延期(補完記事)
[トピック]注目の限定タイトルを欠く Xbox Series X のローンチ(補完記事)

記事に戻る




過去記事紹介


[PlayStation 5]増産体制、ただし. . . (Bloomberg より)

記事に戻る



 

管理人からひとこと

ハードウェアの世代交代問題を経済的な視点で見ると、
いわゆる、ミドル・ライトユーザが、本体価格がいくらなら
次世代機へスムーズに移行するかということです( ´・ω・`)
そういえば、PS4 の生産体制は現時点でどれくらいものなのでしょう。
幸い、DS4 の供給はしばらく安心のようですが。


スポンサーリンク