スポンサーリンク

[プラチナゲームズ ]ティーザサイト更新 5番目の「何か」

 

PushSquare の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

PlatinumGamesがエイプリルフールのジョークに続く「5番目」が明らかに
ボーナスステージ


Liam Croft Fri 2020.4.3 8:30




 

 日本の開発会社プラチナゲームズは、エイプリルフールのジョークで当面の公式発表のまとめました。が、実際に5回目の公開が計画されていることをほのめかしました
 Twitter 話題にされたのは、ティーザサイトが「5つ星」に更新され、「ボーナスステージ」がまもなく始まると告げられていることです。
 それは「????? XX.XX.2020」と読むことができます。

 

 これが神谷英樹氏の心からの残酷な冗談ではないなら、それは何でしょうか?
 スタジオは現時点で多くの開発業務を手がけているため、これはまったく新しいタイトルではなく、現在のプロジェクトの1つに対する更新である可能性があることを示唆しています。少なくとも、プラチナゲームズを経由する別のゲームが発表されることはありません。
 最近、『バビロンズフォール』に関する情報は何ありません。さらに任天堂のファンは『ベヨネッタ3』のニュースをさらに長く待っています。今はただ待って、(次に)何が起こるか見とどけます。
 とはいえ、ウェブサイトでのじらしは、発表の内容を問わず、今年発表されることを示唆しています。

 

 プラチナゲームズは(今年)すでに、主たる業務の一環として、

  • 『The Wonderful 101』のリマスタ
  • 『Project GG』(新規タイトル)
  • 東京に拠点を置く新しいスタジオ開設

を公開しています。
 この「示唆」がジョークではないと仮定して、プラチナゲームズから何を見たいですか?以下のコメント欄で予測を共有してください。

 

P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる



過去記事紹介


[プラチナゲームズ ]エイプリルフールの「公式ジョーク」
[プラチナゲームズ ]4が1日公式発表か。

記事に戻る




 

補足 神谷英樹(毒うずら)

 深い意味はないのですが、一応、周知のツイートをご紹介しておきます。

 


記事に戻る




過去記事紹介

 プラチナゲームズは今後、自社発売を目指しています。ただし、過去に開発に着手されていたゲームは除きます。

[プラチナゲームズ]インタビュー 代表者、稲葉・神谷の両氏に聞く(長文)

記事に戻る



 

管理人からひとこと

やっぱりなんかきたw
たとえ小さなニュースであったとしても、
開発会社兼パブリッシャによるものは嬉しいですね。
いつかの時期に、再び具体的なニュースをお伝えできると思います。


スポンサーリンク