スポンサーリンク

[Dreams]レビュー(長文注意)

 

PushSquare の記事を翻訳いたしました(個人名・企業名は原文のままです)。
 固有名詞のカタカナ表記は補足でご確認ください。
 文中の英語(緑色のリンク)をクリックしても確認できます(↑で記事に戻る)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

Dreams のレビュー: PS4(標準)/欧州
どんなヴィジョンで「夢」が作られたのか


Stephen Tailby 2.14.2020, Wed 9pm




 

 過去1年、PushSquare をフォローしてくださっている場合は、(我々編集部の)『Dreams』についての感想を既にご存知でしょう。
 Media Molecule の最新のタイトルは、昨年早期アクセスで実行(購入)可能でした。そのため、特にこの最も珍しいプロジェクトについての考えはすでに定まっています。ただ、コミュニティレベルで約50時間を過ごし、ツールをいじくり回しました。
 それでやっと、この PlayStation 4 専用の完全版を評価する時が来ました。

 

 『Dreams』は不思議なソフトです。
 『リトルビッグプラネット』が先駆けたプレイ・クリエイト・シェアの3つのビジョンは、このソフトウェアが持つあらゆるものの中心であり、どの点においても優れています。
 ゲームとしてそれを説明することで、ここで何が達成されたかわかります。しかし、『Dreams』はそれだけではありません。

 


 

 事実上、これはあなたが考えることができるほぼすべてのものを作成するためのエンジンです。もちろん、独自のレベル(ゲーム)を作成することは十分に可能です。同時に、自由に使用できる一連のツールを使用して、アニメーション、映画、彫刻(3DCGオブジェクト)、絵画(画像)、音楽などを作成できます。
 このようなことを言うのは決まり文句ですが、限界は本当にあなた自身の想像力です。
 考えてみてください。リビッツの最初の冒険では、(オンラインで)誰かが何百ものガジェットとギズモをつなぎ合わせて機能的な計算機を作成しました。当時は信じられないほど印象的でした。
 『Dreams』では、計算機はいつでも作成に取り込める数十の組み込みツールの1つにすぎません。これが『リトルビッグプラネット』のすべてでしたが、それをはるかに超えています。

 

 (われわれが)これらのツールの経験するということは、真の学習プロセスでした。完全に空白のシーンから始めて、合理化されたメニューを起動してオプションを確認します。場合によっては簡単に行き詰まります。
 どこから始めればいいのでしょう?
 幸いなことに、このゲームには、すべての基本事項を網羅した非常に詳細なチュートリアルが付属しています。これらは非常に徹底的なレッスンであり、単純な形状の作成、音楽の作成、ロジックの構築などをガイドします。これらのツールの少なくとも一部は、作業を始める前に「受講」することを強くお勧めします。
 ツールはおそらくユーザフレンドリィなものですが、自由に作業を始めてしまう前に、できる限りのサポートが必要になります。

 

 ただし、練習すれば『Dreams』の作成モードを使いこなすことができ、非常に満足します。この複雑な「機械」を運転する方法を学ぶことには時間を費やしますが、具体的な(身についた)スキルであなた(の苦労)に報いてくれます。
 創造的または技術的なハードルを克服し、自分がやったことを誇りに思うこと。それより良い感情が他にあるでしょうか。
 そうです、あなたの最初の試みは大量の形と色のついた塊(を造ること)です。しかし、すぐにあなたのアイデアを拾い上げ、気付けば音楽を作ったり、レベルを設計したり、キャラクタを創り上げられるようになります。
 DualShock 4 または PS Move コントローラのペアを使用して作成できるものに驚くでしょう。ただ、ツールセットは完璧ではありません。一部のメニューにはオプションが密集しているため、テキストが非常に小さく、3D 空間をナビゲートするのは難しい場合があります。特にカーソルのような入力(選択)滑りやすいです。これを軽減するモーションフリーの制御スキームに切り替えることができますが、デフォルト設定の流動的な性質と比較すると、多少制約があります。
 小さな問題はあるものの、非常に複雑なもののプレゼンテーションと使いやすさは注目に値します。

 


 

 ツール自体が印象的であるように、『Dreams』を特別なものにしているのは、コミュニティである Dreamiverse とのコラボレーションに重点を置いていることです。誰かが Dreamiverse に何かを公開すると、すべての人が楽しめるようになりますが、同時に、すべての人が利用できるようにすることもできます。
 例えば、あなたが作っている町を埋めるために街灯が必要だとしましょう。いつでも自分で(街灯を)作ることができますが、誰かがすでに完璧な街灯を作っている可能性があります。他の人のものを見つけて使用するのは絶対に簡単で、数分で見栄えの良いものをすばやくまとめることができます。
 これは、ユーザが作成したアセットの自己拡張型の宝庫であり、初心者にとっては素晴らしいものです。

 

 もちろん、 Dreamiverse は街灯のデータベースとしての機能には止まりません。
 すべての作成を行うDreamShaping の他に、DreamSurfing があります。DreamSurfing では、何千ものコミュニティの作成を再生(実行)、視聴、表示、および聞くことができます。見ることやできることが非常に多いため、Media Molecule はすべてを分類するのに優多機能を提供します。
 最新のもの、『Dreams』のトレンド、友達が気に入ったもの、さらには Media Molecule が選んだものを簡単に見つけることができます。すべての最高の機能を使用すると、これらのカテゴリのいずれかを選択してランダム化し、すべてを継続的なプレイリストに入れることができます。
 たとえばカメに関する Dreamiverse の内容を本当に見たい場合は、それを簡単に検索して、カメに関連するものの流れをたどることができます。他のプレイヤ(クリエータ)が作ったものをすべて体験するのは中毒性があり、非常に楽しいです。

 

 

 率直に言って、これまでにコミュニティによって作られたものの多様性と品質は気が遠くなるようなものです。
 非常に詳細な彫刻であれ、十分に理解されたインタラクティブな体験であれ、探検する無限の創造の海があります。(アーリーアクセスを利用した)人々がすでに到達しているレベルに驚いています。もっとも、すべてがそのような標準のものになるわけではありません。
 しかし、これはユーザ生成コンテンツを使用するコースと同等であり、品質は実際にはポイントではありません。
『Dreams』は、人々が自分自身を表現できる新しい媒体です。確かに、プレイヤとして時間を費やす価値のないものもありますが、誰もがどこかから始めなければなりません。

 

 このゲーム(ツール)についてとても新鮮なのは、そのコミュニティがどれほど前向きであるかということです。最も基本的な彫刻でも、作成者をサポートし励ましているいいねやコメントを見つけることができます。この温かく歓迎的な態度は全面的に見ることができます。人々がお互いを荒らして嫌いにならないようにゲームが設計されているのか、それとも Dreams が引き付けるタイプのプレイヤの性質なのかはわかりません。
 いずれにせよ、ソーシャル機能はシームレスに統合されており、これまでのところ、ゲームは楽しいポジティブな空間になっています。

 

 このツールセットを使ってプロフェッショナルがどんなものを創るのか見たい。
 そんなあなたの要求に応えるため、Media Molecule は『Art’s Dream』という名前の短い物語を作成しています(実質的にはキャーンペーンモード)。それは、あるミュージシャンと彼のバンド仲間との物語を伝えます。そして、アートが彼の闘争と折り合いをつけるにつれて、あなたは自己投影の旅(夢)に連れて行かれます。
 数時間しかかかりませんが、スタジオの特徴をすべて備えているので安心です。通常の素材よりも少し暗いですが、この音楽の冒険からは機知と暖かさがあふれています。ムーディーなポイントアンドクリックからキュートなファンタジーアクション、SF のプラットフォームまで、すべてが見た目も雰囲気も最高です。
 当然ですが、それはすべて『Dreams』内で作成されています。あなたが見たりプレイしたりするもののいくつかは、多くの「本当の」ゲームを圧倒的に凌ぎます。とはいえ、『Art’s Dream』の本当の(注目すべき)ポイントは3つの異なるスタイルで、インスピレーションを与え、可能なことの幅広さを見せてくれルことです。
 私たちはそれを「使命を達成した」と言います。

 

 

 そのため、ここには非常に強力なツールを備えた PS4 タイトルがあります。迷子になる奇妙で素晴らしい創造物のソーシャルネットワーク、およびあなたが投げたものを受け入れる準備ができているフレンドリーなコミュニティ。そして、ブートするのに素晴らしいストーリィを伝える開発会社からの素敵なサンプル作品。
 開発会社が達成したことは驚くべきことです。このようなゲームが(開発の過程で)破綻する可能性はたくさんありますが、最終的な結果はまとまりがあり、わかりやすく、非常にうまくまとめられています。
 コミュニティジャムからインプクエストまで、ゲーム内のすべてが、さまざまなコンテンツを再生したり、独自のコンテンツを作成したりします。
 ただ、欠点があります。ホームスペースは着陸に最適ですが、やや無意味です。通常、読み込み時間は非常に速くなりますが、パフォーマンスは『Dreams』ごとに異なります。プレイしているものの複雑さに依存します。
 そしてもちろん、ツールの使用時間(創作に必要な時間)は大きく異なります。おそらく、数分で傑作を作成することはないでしょう。

 

 しかし、このような種類の制限のためにゲームを無視することは間違いです。これは特に時間とともに進化するものだからです。現時点では、PS4 にしかありません。つまり、どんなプラットフォームでも、『Dreams』のようなものはありません。
 Media Molecule は最高の状態であり、このスタジオはプレイヤが望むものを何でも作る能力を与えるという約束を果たしました。
 PS4 の力もあいまって、コミュニティと創造性の力を示すため、コンソールの最高のゲームの1つです。

 

結論

 (この度の最終リリースまでに)10年の大部分を費やしたかもしれないが、夢の到来は重要だと感じています。これは、人々が物を創り、それを世界と共有するためのまったく新しい方法を表しています。
 Media Molecule は、直感的に使用できる「一式の道具」を作成しましたが、それ以上に、プレイヤが共同作業して他の人の想像力を探求できるソーシャルプラットフォームを構築しています。
 それは技術的な驚異、創造的な奇跡、そして数年で最も革新的なゲームの1つです。

 

高評価

  • ツールは無限に近い創造の自由を提供します
  • DreamSurfingは無限の喜びです
  • Art’s Dreamは素晴らしい紹介です
  • 全体に優れたプレゼンテーション
  • 包括的なチュートリアル

 

低評価

  • リアルタイムに投資することで、ソフトがより良くなります。
    (多くのユーザが使い続けることでソフトのアップデートが期待できます)
  • 時々手間がかかる。(一部の機能は使い勝手が悪い)
  • ホームスペースはあまり重要ではありません。

 

スコア 10 / 10


P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる


 

補足 カタカナ表記


原文カタカナ表記
Dreamiverse ドリミバース

DreamShaping ドリームシェイピング

DreamSurfing ドリームサーフィン


先頭に戻る




 

補足 Media Molecule(メディアモレキュール)

ソニーのファーストパーティの一つ。詳しくは下の解説で。

ファーストパーティ
[解説]ソニーファーストパーティの全て

記事に戻る




 

補足 リトルビッグプラネット(LittleBigPlanet)

 2008年10月30日発売。PlayStation 3 用ソフト
 基本的には横スクロールタイプのアクションゲームです。
 リビッツはこのゲームのプレイヤキャラクタ。布製の人形です。英語版では、Sackboy。
 オンライン、オフライン両方で最大4人での協力プレイが可能です(オンラインでのサービスは終了)。
 このゲームは用意されたをプレイするだけでなく、ユーザが作成したステージをオンラインで公開し、誰もが共有(プレイ)することが可能でした。
 2009年にはオンラインユーザーは全世界でおよそ200万人いました。
 2010年6月に「世界一ユーザーが作ったステージが多いゲーム」としてギネスワールドレコードに認定されました。その時点で、246万3,073ステージがありました。

記事に戻る




 

補足 計算機

 『リトルビッグプラネット』では、8bit加算器なども製作することができるましたが、計算機や論理回路に関する知識と時間を要しました。

記事に戻る




 

補足 蛇足かもしれませんが

Dreamの3つの機能

  • Dreamiverse
  • DreamShaping
  • DreamSurfing

記事に戻る



 

管理人からひとこと

PS4 は Media Molecule の「夢」を見るのか?
もちろん━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !


スポンサーリンク