スポンサーリンク

[Mass Effect Trilogy]発売延期の可能性

 

Eurogamer の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

噂のマスエフェクト三部作リマスターのリリースは10月に予定されていましたが、
「遅れ始める可能性がありました」

「私はそれが本当であることを知っています」


Vikki Blake(Contributor) 29 August 2020


 

 新しい情報筋によると、BioWare の有名な SF 三部作、『Mass Effect』の待望のリメイクは、2020年10月にリリースされる「予定でした」。

 

 しかし現在、進行中の新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックに関連していると思われる(開発の)遅延により、出版社の EA の計画が台無しになり、発売時期が引き伸ばされた可能性があります。
 ただ、プロジェクトの情報を持っていると主張する情報筋は、「私はそれが本物だ」と主張しています。

 

「先週のように、10月初旬に(公式)発表し、10月後半に発売するという計画は間違いなくわかっていました。とても良いニュースです」
 と、最近のポッドキャストで GamesBeat のジャーナリストである Jeff Grubb 氏が明らかにしました(ありがとう、VGC)。
「たぶん悪い知らせです。今年は特別です。多分それは(予定が)ズレ始めています。
 おそらく、まだ『可能性』ではあるようなのですが。まだ確かなことは何もありません」

 

「(ただし、このリマスタの情報が)私は本当であることを知っています」
 さらに、彼は述べました。
「私はそれが本物であることを知るのに十分以上の証拠を見てきました。それはまだ、2020年に予定されており、彼らはまだそれを発表していません」

 

「EA は、この『Mass Effect trilogy』を他の大きなもの(『Star Wars Squadrons』以外という意味ですが)として、今年のホリデーに$ 60で発売しようと計画していた、と私は思います。
 それがうまくいくと確信しています」
 と Grubb 氏は付け加えました。
「しかし、他のすべてがバラバラになっています。全体的に。そもそも彼らは、まず(発売日を)遅らせたいと思っているのと見られます(現時点での完成度を鑑みて)。
 しかし、それは確かではありません。明言はできません。可能性はあるように思われますが、まだ決まっていません。
 最後に聞いたのは、10月です。ただし、延期も起こり得ます」
 と語りました。

 

 興味深いことに、Grubb 氏はファンに、SF アドベンチャの完全なリメイクではなく、アップグレードバージョンを期待するようにアドバイスしました。

 

「確かなことは言えませんが、アップグレードに傾くと思われます。私がこれについて尋ねたとき、(相手から)そのような雰囲気を感じ取りました。(待ち望んでいる)人々が確かに期待すべきことだと思います」

 

 先月(ネット通販で)、『Art of the Mass Effect Trilogy: Expanded Edition』の本の予約注文のリストが浮上した際、リマスタの噂はさらなる興奮を呼びました。
 Amazon などでの説明によると、この新しい本は2021年2月23日の発売予定であり、これまでに見たことのない何百もの芸術作品が含まれています。

E


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる



 

補足 新型コロナウイルス(COVID-19)

 Google による、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の分布地図と感染者数等のデータはこちらで確認できます。

記事に戻る



 

補足 カタカナ表記


原文カタカナ表記
Jeff Grubb ジェフ・グラブ


先頭に戻る




過去記事紹介


[Mass Effect Trilogy]公式アートブック発売予定

記事に戻る



 

管理人からひとこと

今年は多くのことが「予定は未定」です。
2度とないリマスタなので、アップグレードは売りになるとは思いますが。
年内にこだわるよりは、完璧なものを来年にもたらす方が良さそうではあります。


スポンサーリンク