スポンサーリンク

[PlayStation 5]クロスジェネレーションとなる3作品(PS4 版の詳細はまだ不明です)

 

Push Square の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

PS5 の「ゼロから」から構築された Horizon Forbidden West
PS4 にもあるわけですが


Sammy Barker Sat 2020.9.19 10:45




 

 みんなのお気に入りのビデオゲームの要人 Jim Ryan 氏からの、頭を引っ掻くような発言は次のとおりです。
 『Horizon Forbidden West』は PlayStation 5 の「ゼロから」構築されました。
 予定通り、週の前半に(PS5 の)公開イベントが行われましたが、ゲームは PlayStation 4 にも登場します。それがどのように機能するかはよくわかりませんが、PlayStation のボスが The Washington Post に伝えたことは次のとおりです。

 

「誰もがっかりするべきではありません。

  • Horizon Forbidden West
  • Marvel’s Spider-Man: Miles Morales
  • Sackboy: A Big Adventure

は、PS4 にもあります。
 これらのゲームの PS5 版は、PS5 の機能セットを利用するためにゼロから構築されており、PS4 ユーザが PS5 版を無料で入手できるアップグレードパスがあります。それは人々に選択の余地があるということです。
 私はこの状況に本当に満足しています」

 

 これらのタイトルが PS4 でも機能する必要がある場合に、PS5 を最大限に活用するためにどのように設計されているかは完全には不明です。
 たとえば、『ラチェット&クランク: Rift Apart』は、現行世代のコンソールでは不可能に見えますが、上記のゲームは可能なようです。おそらく、PS4 版の『Horizon Forbidden West』はまったく異なるエクスペリエンスですが、それについてはっきりしません。

 

 ソニーは「世代に自信を持つ」と言いましたが、クロスジェネレーションゲームのリリースも静かに発表しています。これにより、多くの人はソニーに不満を抱いています。
 公平を期すために、これまでのところ、並外れた初年度の提供作のうち(クロスジェネレーションは)3タイトルのみです。ただ、『Gran Turismo 7』や『God of War: Ragnarok』のようなゲームも本当に PS5 限定かどうかについて疑問を抱き始めています。

 

 日本の巨人によりもう少し透明性を前進していただければ幸いです。
 何百万もの既存の PS4 所有者にソフトウェアを提供することに何の問題もありませんが、このようにメッセージが乱れると、その計画と方向性について少し明確にする責任はメーカにあります。
 結局私たちは、今年のほとんどを推測ゲームに興じる始末です。

P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる


 

補足 カタカナ表記


原文カタカナ表記
Jim Ryan ジム・ライアン


先頭に戻る




過去記事紹介


[PlayStation 5]注目タイトルのクロスジェネレーション

記事に戻る



 

管理人からひとこと

うーん。
次世代機の供給見込み(品薄)を想定しての対応でしょうか。
パンデミックに関係なく、最初の一年で販売できる本体は
現時点で普及している PS4 よりはずっと少ないわけで。


スポンサーリンク