スポンサーリンク

[ラチェット&クランク: Rift Apart]オプションで60fps(temporal injection)

 

Push Square の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

PS5 のラチェット&クランク: Rift Apart には
オプションの60fpsモードがあります

スムーズ


Stephen Tailby Fri 2020.8.28 14:45



 

 『ラチェット&クランク: Rift Apart』は、長いゲームプレイ動画を楽しむことが、今週のニュースサイクルに戻りました。
 特に 4K で視聴する場合は印象的なショーケースであり、立体音響も印象的です。フル解像度では明らかに素晴らしいように見えますが、フレームレートはどうですか?

 

 Insomniac Games は、日本の雑誌「ファミ通」の取材に応えて、『Rift Apart』で利用可能なパフォーマンスオプションについて詳しく説明しました。
 インタビューの内容として、この PlayStation 5 限定作品には2つのモードがあることがわかります。1つは 4K・30fps、もう1つは「低解像度」で60fpsで動作します。
 開発会社はまた、以下のツイートでニュース自体を共有しました。

 


 

 これは、同じく Insomniac の『Marvel’s スパイダーマン Miles Morales』のパフォーマンスオプションとよく似ています。60fpsモードの正確な解像度はわかりませんが、temporal injection を使用するため、本質的に画質が 4K レベルに向上します。スタジオはプレイヤに、より良いディテールとよりスムーズなパフォーマンスのどちらかを選択することを熱望しているようです。

 

 PS5で『Rift Apart』を起動するときに、どのモードでプレイしますか?
 以下のコメント欄で異次元に飛び込みましょう。

P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる



過去記事紹介


[ラチェット&クランク: Rift Apart]耳もまた驚く(最新トレーラより)

記事に戻る




 

補足 temporal injection(テンポラル・インジェクション)

 Insomniac Games によって開発された画像技術。
 公式の説明として、
「temporal injection は、すべてのピクセルをすべてのフレームでレンダリングすることなく、PS4 Pro で完全な 4K 画像を作成するために使用する手法です」
 とあります。

 2016年の『ラチェット&クランク』で使用されていました。
 また、『Marvel’s スパイダーマン』のウェブスイング移動でも活用されています。

記事に戻る



 

管理人からひとこと

個人的には高解像度のほうが好きですヽ(*´∀`)ノ
どちらも試してみるでしょうが。
この手の技術的な話題になるとソースのコメント欄では(以下略w)


スポンサーリンク