スポンサーリンク

[The Lord of the Rings: Gollum]初トレーラ公開(情報僅少)

08/26/2020

 

Push Square の記事を翻訳いたしました(個人名・企業名は原文のままです)。
 固有名詞のカタカナ表記は補足でご確認ください。
 文中の英語(緑色のリンク)をクリックしても確認できます(↑で記事に戻る)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

The Lord of the Rings: Gollum の PS5 のトレーラは
スクリーンショットよりも良く見えます

全面的の改善


Liam Croft Mon 2020.8.24 13:45


The Lord of the Rings: Gollum – Official Teaser Trailer(2020/08/24)


 

 『The Lord of the Rings: Gollum』が、PlayStation 5 でのスクリーンショットのホスト全体をデビューした5月スクリーンショットのホスト全体をデビューした5月を思い出してください。素晴らしい、というほどではなかったでしょう?
 Daedelic Entertainment は、この次世代プロジェクトの最初の適切なものをまず垣間見せて、公開トレーラでその技術に対する評価を正そうとしているようです。これは非常に短く、ほとんど意味がありませんが、上で確認できます。

 

 この映像は映画作品の1つから直接切り取られたものであり、目を引くものではないでしょう。滅びの山(Mount Doom)のクイックショットの前に、ゴラムが洞窟から姿を現します。
 それはまさに文字通りで、それだけです。
 ただし、幸いにも、IGN には共有する必要のある多くの詳細があります。それは2021年に登場し、ステルスと垂直パルクールのを併せ持つ(プレイスタイル)として説明されています。

 

 リードゲームデザイナの Martin Wilkes 氏はサイトに次のように語っています。
「参照が必要な場合は、『プリンス・オブ・ペルシャ』に似ていると言えるでしょう。これはほとんど非戦闘ゲームですが、ゴラムは密かに敵を倒すことができます。
 しかし、 これは簡単なことではなく、常に大きなリスクが伴います。プレイヤにはこれらの(敵との)遭遇を慎重に比較検討してもらいたいのです。結局、ゴラムの強みは戦闘ではなく狡猾さです」

 

 『The Loat of the Rings: Gollum』について良い印象を得ましたか?
 以下のコメント欄であなたの貴重なものを見つけてください。

P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる



過去記事紹介


[The Lord of the Rings: Gollum]初のスクリーンショット公開(次世代専用)

記事に戻る



 

補足 カタカナ表記


原文カタカナ表記
Martin Wilkes マーティン・ウィルキス


先頭に戻る




 

補足 滅びの山(Mount Doom)

 『指輪物語』に登場する火山の名称。
 オロドルイン(Orodruin)の別名であり、火の山(Fiery Mountain)とも呼ばれます。

 モルドール国内北西部のゴルゴロス高原の中央部にそびえる孤峰で、不滅の火を噴出する火山です。登場人物のフロド・バギンズの最終目的地にもなっています。

 ちなみに、doom は、「破滅、悲運、死」などを意味します。別のゲームのタイトルにもなっていますが。

記事に戻る




 

補足 ゴラム(Gollum)

 『ロード・オブ・ザ・リング』に登場するキャラクタ。
 アンドゥインのほとりに住んでいたホビットの三支族の一つであるストゥア族(水に親しむホビット)の一人といわれる者。本来の名前は「スメアゴル」。
 ストーリィの中で、一つの指輪(物語の中心となる指輪)が持つ魔力に影響され、狡猾さや残忍さを身に付けてしまうことになります。元々、人目を避け「霧ふり山脈」の奥深い洞窟に潜んでいましたが、指輪を手に入れようと地上に姿を現します。
 なお、日本語翻訳版の小説のみ「ゴクリ」という表記。喉を鳴らす音「ゴクリ」に由来します。

映画版の容姿


記事に戻る



 

管理人からひとこと

流石に映画ほどの膨大なゲームにはならないでしょうか?
悪くはないのですが判断に困ります。


スポンサーリンク