スポンサーリンク

[噂]バイオハザード4のリメイクが開発中

 

PushSquare の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

噂: バイオハザード4リメイク2022年の発売を目指して開発中
三上さんの祝福を受け


Liam Croft Mon 2020.4.12 15:00




 

 ゲーム情報サイト Video Games Chronicle(VGC)によると、ウェブサイトは非常に信頼できる情報とリークのソースとして急速に知られるようになり、カプコンは現在、開発のサポートスタジオ M-Two で『バイオハザード4』のリメイクを行っています。元ディレクタの三上真司氏は、2022年のある時点で、おそらくPlayStation 5 でのリリースを目指しているプロジェクトに祝福を与えたようです。

 

 (正確には、)三上氏はリメイクを監督するように依頼されたが、彼は Tango Gameworks の『Ghostwire Tokyo』に取り組むことに集中するため、その機会を断ったようです。代わりに、彼は「その方向性に関する非公式の助言」を提供しようです。
 ある情報筋は、このシリーズの開発に関しては新参であるスタッフが、彼の代わりに『バイオハザード4』のリメイクを監督することになると VGC に語っています。

 

 このサイトは(これまでに)信頼できるレポートで評判を得ているため、この噂はその通りだと判断します。
 カプコンが次にバイオハザードシリーズの作品をリメイクする場合、どれを選択するかについてファンは議論してきました。『CODE: Veronica』か、『バイオハザード4』か、と。日本のパブリッシャは後者を採用したようです。
 フランチャイズの4番目のエントリが受け続ける愛情を考慮に入れると、これは『バイオハザード RE3』の後であり、うまくいくことを願っています。

 

 『バイオハザード4』がリメイクされる可能性が高いことに満足していますか?
 以下のコメント欄でお知らせください。

P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる



 

補足 M-Two(エムツー)

 開発会社。設立者は、プラチナゲームズの元 CEO 三並達也氏。
 三並氏は、2016年4月、プラチナゲームズ株式会社、代表取締役社長を退任しています。
 『バイオハザード RE:3』においては、キャンペーンモードの開発を支援しました。

記事に戻る




 

補足 Tango Gameworks(タンゴゲームワークス)

 代表作は、サイコブレイクシリーズ。

記事に戻る



過去記事紹介


[噂]カプコンによるリメイク作品
[噂]バイオハザード8は PSVR をサポート


 

管理人からひとこと

ひとまず、公式情報を気長に待ちましょうヽ( ´¬`)ノ


スポンサーリンク