スポンサーリンク

[Cyberpunk 2077]GeForce Now でも提供

 

GameSpot の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

Cyberpunk 2077が Nvidia のクラウドゲームサービスでローンチ
今、ゲームを購入しますか、それともストリーミングを利用しますか?


jeremy winslow on February 20, 2020 at 2:26PM PST



 

 CD Projekt Red(以下、CDPR)の『Cyberpunk 2077』は、PC、PlayStation 4、Xbox One、で発売されます。
 また、GeForce Now に登場します。競合する Stadia( Google のクラウドゲームサービス)で利用可能になるのと同じ日に。これを、Nvidia はブログに投稿して発表しました。

 

 GeForce Now メンバは、9月17日にリリースされる『Cyberpunk 2077』の PC (Steam)版をプレイできます。このサブスクリプションサービスの利用者は、レイトレーシングテクノロジィを使用した高解像度の RTX On にアクセスできます。
 Nvidiaは、より高い解像度が「Mac のラップトップでも完全に最適化され、すぐに利用可能になる」と述べました。

 

 Stadia やソニーの PlayStation Now と同様、Nvidia の GeForce Now は、クラウドゲームサービスです。お気に入りの PC ゲームを

に直接ストリーミングできます。同社は今月初めに2種類の料金プランで GeForce Now を正式に開始しました。

 

 さて、Activision Blizzard は、GeForce Now の正式サービスの開始から1週間後に、ゲームのライブラリィ全体を削除しました。Nvidia はこの削除を非難しました。
 なお、Activision Blizzard は最近、YouTube で人気の『Overwatch』および『Call of Duty:Modern Warfare』(2019)の eスポーツイベントの独占ストリーミング権について Google と複数年契約を結びました。
 Nvidia はそれ以来、Activision Blizzard がライブラリィからゲームを突然削除したことは「誤解」であると述べています。

 

 『Cyberpunk 2077』は予定されていた4月16日の発売日を、9月17日の発売日に遅らせました。CDPR は、「チームが開発を完成させるために、5か月の開発期間を追加してクランチ(最終仕上げを)する必要がある」と述べました。
 Nvidia は CDPR とのコラボレーションで、『Cyberpunk 2077』特別仕様の RTX 2080 Ti グラフィックカードを披露しました。現在、それを購入する方法はありませんが、Nvidia は Twitter で77個を提供するとしています。

 

G


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる



 

補足 GeForce Now(ジィフォース・ナウ)

 Nvidia によるクラウドゲームサービスのブランド名。
 2017年1月、Nvidia は無料のベータ版の提供を北米およびヨーロッパで開始しました。当初は、PC および Macintosh コンピュータ向けでした。2019年からは、Android 端末でも利用可能になりました。

 

 

 2020年2月4日、ベータ版が終了し、正式サービスが始まりました。
 サーバには当然、Nvidia グラフィックカードが搭載されています。現時点で、1秒あたり60フレーム(場合によっては120フレーム)、最大1080pの解像度でゲームをストリーミングできます。
ただし、低速回線で接続しても、品質は自動で最適化されます。

 日本では現時点で、「GeForce NOW Powered by SoftBank」(β版)として提供されています。名前にある通りソフトバンクとの協同サービスになります。

 このサービスのユーザはまず、Nvidia のゲームライブラリィにアクセス(プレイ)できます。2020年2月20日現在、1500を超えるゲームが登録されていると公式サイトにあります。
 また、Steam などのデジタル配信クライアントで購入したゲームをリモートデスクトップ(クラウド上の PC)にインストールして、実行できます。
 なお、Nvidia の CEO である Jensen Huang 氏は、2017年5月の収益報告で、「コストとサービスの質の適切なバランスが見出せないため、仮想化されたゲーム用 PC を普及させる」と述べています。

記事に戻る




 

補足 ブログに投稿

 以下の記事の、下の方にさらりと記述されています。記事内を「2077」で検索すればすぐかと。
A New Frontier for PC Gaming: How GeForce NOW’s Game Library Continues to Evolve

記事に戻る




 

補足 Nvidia Shield TV(エヌヴィディア シールド ティービー)

 Nvidia 製のデジタルメディアプレイヤ。OS は Android。

記事に戻る




 

補足 2種類の料金プラン

 無料プランと有料プランがあります。
 無料プランは、会員登録するだけで、ライブラィが利用できます。ただ、1回のセッションは1時間という制限があります。1時間経過すると、一時切断されます。ただし、切断後はすぐ利用可能です。
 有料プランは、2020年の間は月額$ 4.99です。ただ、Nvidia ではこの価格を「ディスカウント」としています。

記事に戻る




 

補足 誤解

 原文では、misunderstanding(ミスアンダースタンディング) となっています。
 文脈からして、日本語に訳すなら「忖度」かもしれませんが。

記事に戻る




 

補足 Activision Blizzard(アクティビジョン・ブリザード)

 ビデオゲームの持ち株会社。
 2008年7月10日設立。サンタモニカ(合衆国カリフォルニア州)に拠点を置きます。
正確には、
 Activision(アクティビジョン)
 Vivendi Games(ヴィヴェンティ・ゲームズ)
の2社が合併して誕生しました。
 複数の子会社とスタジオを所有しています。

 Activision Blizzard の企業の構造として、以下の3つの区分があります。

  • Activision Publishing
  • Blizzard Entertainment
  • King

 発売されたゲームは膨大ですが、Activision 代表作は、

  • Call of Duty シリーズ
  • クラッシュ・バンディクーシリーズ(2008年7月以降)
  • Destiny

です。
 また、Blizzard の代表作は

  • Warcraftシリーズ
  • Diablo シリーズ
  • Overwatch

があります。
 King はモバイルゲームの開発・販売が専門です。
 なお、2018年3月の時点で、収益($ 75億)と時価総額の面において最大のゲーム会社(アメリカとヨーロッパの中で)でした。

記事に戻る




 

補足 RTX 2080 Ti グラフィックカード


記事に戻る



 

管理人からひとこと

私は、言うまでもありませんが、PS4 版を購入します。
CD Projekt Red がオンラインマルチを検討している理由に、こういう背景があるのかな?
Google も GeForce Now も、遠い将来に目指すところはやはり 8K ストリーミングなのかしら。VR も含めて。
ストリーミングサービスはどれも、5G 通信の先、の先、の先まで見ているのでしょう。
もっとも、あくまで主役はゲームですが。
サーバの1日あたりの電気代はいくらかしらw


スポンサーリンク