[トピック]映画版ソニック、刷新され極まる

 

GameSpot の記事を翻訳いたしました(個人名・企業名は原文のままです)。
 固有名詞のカタカナ表記は補足でご確認ください。
 文中の英語(緑色のリンク)をクリックしても確認できます(↑で記事に戻る)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

映画版ソニックの再設計されたハリネズミが新しい予告編で明らかに
新しいトレーラ、新しいソニックザヘッジホッグ。


Dan Auty on November 12, 2019 at 12:53PM PST


 

 映画版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の新しい予告編はこちらです。
 厳密には、今年の4月に登場した最初の予告編ではありませんが、デザインが改められたソニックを初めて見ることができます。
 その最初のプロモーションはソニックの見た目に対して多くの批判に見舞われたため、映画製作会社は製作進行を遅らせて、主人公であるハリネズミ外見を刷新させるという異例の対応に迫られました。
 以下、トレーラと新しいポスターの両方で確認できます。

 

Sonic The Hedgehog – Official New Trailer

 

 

 デザインを改めたことにより、ソニックが基本的におなじみのビデオゲームキャラクタのように見えます。「リアリスティック」ではなくなったことが、映像の冒頭から明らかになっています。
 映画版のソニックの初期のデザインは、映画の実際の俳優と同じ画面に存在しても違和感がないようには思われます。ただ、より大きな目と口、シンンプルな手足を備えた純粋なマンガ(あるいはアニメ)のキャラクタのような外観です。
 作品内容に関しては、以前と同様に非常に興味をそそられます。新トレーラには、最初の予告編にはなかったたくさんの映像があります。
 こちらのブログ内記事で、ソニックの新旧デザインの比較をご覧ください。

 

 映画『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、2020年2月14日に劇場に登場します。
主な 役名 / 出演者(過去に出演した作品)は以下の通りです。

  • ソニック(声優) / Ben Schwartz(ザ・インタビュー)
  • ドクター・エッグマン(Dr. Robotnik)/ Jim Carrey(マスク)
  • トム・ウォシャウスキー(州の軍人) / James Marsden(X-MENシリーズ)

 

 監督の Jeff Fowler 氏は、最初の予告編を公開した後、(主にゲームのファンからの)ソニックのデザインに対する批判に迅速に対処しました。
 1日以内に、彼はキャラクタが再設計されることをツイートしました。そして、すぐに公開日の変更が発表され、大規模な追加の VFX 作業が可能になりました。
 デザインの見直しの発表に先立ち、彼は世界に「青いハリネズミ」の新しい外観を示すことができることについて興奮してツイートしました。

 

まさに今日、この日! みなさんと(新しい)ソニックを共有できます。
ありがとう。今日まで待ってくださり、そして支援してくださったことを。
(ソニックの)ファンがいなければ成し得ませんでした。

G


 

 

補足 カタカナ表記

原文 カタカナ表記
Ben Schwartz ベン・シュワルツ
Jim Carrey ジム・キャリー
James Marsden ジェームズ・マースデン
Jeff Fowler ジェフ・フォウラー

先頭に戻る



 

管理人からひとこと

大正解の映像きた
これは観に行かねば。
ベン・シュワルツ監督の今後にも期待!


スポンサーリンク