[デス・ストランディング]GameSpot レビュー全文(4/4)

 

GameSpot の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

一人ではない孤独
戦うが死にはしない


Kallie Plagge on November 1, 2019 at 3:45PM PDT


 

戦うが死にはしない

 ただし、BT の領土を示す忘れられない音楽への移行によって、すぐにそのヘッドスペースから引き裂かれる可能性があります。近づいてくる BT の現実離れしたうなり声はあなたを震え上がらせます。早い段階で、あなたの最善の策は、あなたが静かにこっそりとこなせるように、できるだけ長く歩を止めて、息も止めておくことです。
 しかし、真に BT と戦わなければならない場合があり、その際には、それらを倒すための特殊な武器があります。これらの BT は、地上に浮かぶエーテルのような人間の形ではなく、血の雲の下で悲鳴を上げる巨大な不気味な恐怖です。
 戦闘は機械的で簡単です。あなたは主に少し動き回って、BT の攻撃があなたに当たる前に武器による攻撃を当てる必要があります。しかし、シーケンスは視覚的および聴覚的に食い止めます。

 

 生きている敵(主にMULE)に有効な銃は、プレイ開始後、25時間程度までは手に入りませんが、それでも問題ではありません。
 『デス・ストランディング』は、あなたを殺害という行為から積極的に遠ざてくれます。なぜなら人々が死ぬと、彼らの体は基本的に核と水平な都市に行き、クレーターと BT 以外の何も残さないからです。それに加えて、人間の主な敵はMULEであり、自動世界によって破壊されたサムのような元ポーターです。
 彼らは本質的に仕事をするために必死で荷物をひったくることにに中毒になりました。そして、ますます多くの人々が機械に置き換えられことが目的です。
 彼らは悪ではありません。彼らを殺すことは、まあ、「無駄な殺生」のようです。
 ゲームの進行に合わせてロックを解除し続ける致命的でない方法で彼らをノックアウトするのは簡単です。殴り倒すだけで十分で、一通りプレイしてみて、一体も殺しませんでした。

 

 BT と MULE は貨物を配達する際の懸念事項ですが、Mads Mikkelsen が演じるキャラクタもいます。
 サムは、BB のポッドに接続するときにサムが見た記憶を通して紹介されます。彼は彼自身の専用のセグメントを手に入れ、数時間の単純な配信を中断します。これらの高度に含まれた、はるかに短いセクションは、アートの方向性とゲームの他の部分との並置において顕著です。
 彼が敵であるか、潜在的な友人であるか、または他の何かであるかどうか、彼が何であるかすぐには明らかではありませんが、彼は彼の曖昧さに魅了されています。

 

 最も漫画的な敵は Troy Baker が演じるヒッグスです。
 ヒッグスは、その邪悪さが際限なくわかるテロリストリーダーです。すべてのキャラクタの中で、ヒッグスは最も弱く、キャストの誰よりもはるかにニュアンスが少ないです。
 より伝統的なビデオゲームの感覚で言えば、あなたをやる気にさせるビッグバッド(盛り上げ役)として本当にそこにいます。あなたが荷物を届けて助ける人々をよりも。しかし、彼と彼が率いる顔の見えないテロリストのグループは、本格的な悪役よりも目的を達成する手段となります。
 彼はいくつかの主要な BT の戦いの触媒であり、最終的には、物事が最も暗いときでも希望を持ち続けることができるということを極端に思い出させてくれます。

 

 『デス・ストランディング』は、その物語とゲームプレイの両方で、逆境そのものが物事をやりがいのあるものにし、人生を生きる価値のあるものにしていると主張しています。

 

 この作品は吸収するのが難しいゲームです。
 そのプロットには多くの絡み合ったスレッドがあり、馬鹿げた名前、感傷的な瞬間、重たい説明は、そうでなければ非常に単純なメッセージだと思われます。これは、他のプレイヤが必死に必要としているはしごを見つけたり、NPCからあなたの努力に感謝する手紙を受け取ったりする、ゲームのよりありふれた瞬間でより明確になります。
 痛みを無視せずにポジティブです。実際、そのストーリーとゲームプレイの両方で、逆境自体が物事をやりがいのあるものにし、人生を生きる価値があるものにしていると主張しています。
 忍耐、思いやり、愛を必要とするゲームであり、今まさに必要なものでもあります。

G


スポンサーリンク