[デス・ストランディング]GameSpot レビュー全文(3/4)

 

GameSpot の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

一人ではない孤独
スーパー BB メソッド


Kallie Plagge on November 1, 2019 at 3:45PM PDT


 

スーパー BB メソッド

 ゲームの最初の数時間は最も進行が遅いです。その大きな理由がオンラインコンポーネントにすぐにアクセスできないためです。それは信じられないほど孤独な時間の延長であり、その間はほとんど歩くだけです。
 早い段階で行う作業は、高度なギアがない場合は特に骨の折れる作業です。他のプレイヤに感謝し、前進するにつれてより良いギアを提供するのに役立ちます。

 

 ゲームプレイが開かれたとしても、ほとんど説明なしで、多くのストーリーの理解を得ることができます。
 最初はすべてが滑稽と思われるかもしれません。あるいは、隠喩に迷う可能性があります。たとえば、カイラルネットワークに追加する必要があるすべての都市の名前には「結び目」があり、それらはすべて、国を結ぶ鎖の「結び目」と呼ばれます。
 Monster Energyドリンクの形での奇妙で不当な製品が配置され、サムこと Norman Reedus による実在するバイクのライドショーがあります。Guillermo del Toro's 氏の肖像は、デッドマンと呼ばれる不機嫌なキャラクタに使用され、荷物を配達するゲームでは、フラジャイルという女性がいます。

 

  しかし、物語は本当にそれよりも深いのです。人と人とのつながりというテーマに沿って、あなたが出会ったり仕事をしたりするそれぞれの核心的キャラクタには、語るべきストーリーがあります。
 彼らは皆、死に関してユニークな視点を持っているので、彼らは人生に対して同様にユニークな視点を与えます。しばしば、彼らが有する「文字通りの名前」の本当の起源に至るまで、キャラクタを解きほぐすことは、『デス・ストランディング』が人間の経験を引き継ぐ全体的なタペストリーに貢献します。
 彼らがサムに心を開くと、サムもまた順番に彼らに心を開き、彼が最初にいるように見える控えめで感情のない男から、彼自身の権利で明確なキャラクタに成長します。
 (実際にプレイしてみて、)私はサム、フラジャイル、ハートマンを特に愛するようになりました。そして、私が好まなかったキャラクターでさえ、逆境に直面しての希望と愛についてのゲームの全体的なメッセージに追加します。

 

 

 私が断然気に入ったキャラクタ、そして最も重要なキャラクターは BB(Bridge’s Baby) です。
 BB は、BT の存在を検出できるポッドに入った幼児であり、サムのようなポーターに Bridges から支給されて、危険な領域をナビゲートできるようにします。BB を実際の赤ちゃんではなく機器のように扱うように言われますが、BB をそのように考えることは不可能です。性格にあふれ、幸せなときは笑い、ストレスがたまると泣きます。それは時々あなたに好感を与えます。
 この作品で描かれる孤立した恐ろしい世界には多くの子供たちは残っていませんが、BBはあなたがアメリカ自体についてどのように感じているかに関係なく、未来があなたを頼りにしていることを思い出させてくれます。
 サムとBBの間で成長する愛は、心温まるに違いありません。

 

 

 NPCや他のプレイヤと接続するのと同じように、このストーリーに接続することもできます。それは表面レベルをすぐにクリックするストーリーではありません。また、(作中で提示される)劇的なミステリーと超越的科学に対して、最初は赤面してもあまり意味がありません。
 しかし、それは何よりもまず感情的な物語であり、物事の意味を理解することは、完全に可能ではあります。特にに小さな伝承の詳細を記した手紙やインタビューを読む場合は。ただ、それをあなたがどのように感じるかを反映するほど重要ではないでしょう。

 

 それをする機会もたくさんあります。
 配送の旅の最中は静かなものですが、通常は目的地の近づくと、音楽が流れ始めるかもしれません。サウンドトラックは主に1つのバンド(Low Roar)で構成されており、牧草地や山を一人で旅行するのに適した、瞑想的なフォークのような音楽です。
 (多くの荷物を背負って)歩く行為は非常に複雑なので、その瞬間も気が抜けません。それはあなたの気持ちを感じるか、少なくともあなたの次の旅をを考慮する時間です。

G


戦うが死にはしない へ続く


スポンサーリンク