[デス・ストランディング]GameSpot レビュー全文(2/4)

 

GameSpot の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

一人ではない孤独
カイラルネットワーク


Kallie Plagge on November 1, 2019 at 3:45PM PDT


 

カイラルネットワーク

 カイラルネットワークは、オブジェクトの3Dプリントを可能にする一種のインターネットです。これは非常に有用であり、それ自体が強力な報酬です。
 カイラルネットワークに接続されたターミナルで、横断用のはしごやロープを「印刷」できます。また、摩耗したブーツを新調したり、破損したコンテナための補修スプレーを用意したり。基本的には設計図さえあれば、貨物を安全に配達するために必要なものの需要を満たしてくれます。
 また、ネットワークで覆われたオープンエリアに構造物を構築するポータブルプリンターを印刷することもできます。橋、望楼、発電機などは、バッテリー駆動の外骨格(スーツ)や車両の使用を開始するときに重要になります。

 

 カイラルネットワークは、ゲームのオンラインコンポーネントへのアクセスも許可します。これは絶対に不可欠です。
 他のプレイヤを「肉体」の形で見ることはありませんが、その影響はあなたの周りにあります。
 エリアがネットワーク上に配置されると、他のプレイヤが自分の旅の途中で残した構造物やオブジェクトに加えて、彼らの後を追う人のために役立つサインを見ることができます。他の誰かが失くした荷物を拾い上げて配達することもできます。他の誰かがあなたの荷物をある時点で見つけて、あなたに同じ親切をするかもしれません。

 

 『デス・ストランディング』におけるの最高の瞬間、それは、あなたが見知らぬ人に対して感じることができる安堵と感謝であり、比類なきマルチプレイヤ体験です。
 私は、プレイスルーのある時点で、貨物を盗むのが大好きな人間の敵である MULE に追われていました。私はバイクに乗っていて、時間に厳しい配達を任されていました。しかし、ほとんどバッテリーがなく、外部の脅威に対処するための装備はまったくありませんでした。
 パニックになって、私は一旦バイクを渓谷に追い込みました。その後、ゆっくりと上がって出て行きました。その際、バイクのバッテリーが赤に落ちていく(ゼロに近づく)のを見て、目的地からかなり離れたところにあるすべての貨物と車両に放棄せざるを得ないことを恐れました。その時です、私は角を曲がり、別のプレイヤが設置した発電機の充電エリアにいることに気付きました(これ以降の説明は不要かと思われます)。

 

 これらのプレイヤ同士が共有する構造に「いいね」を与えたり受け取ったりすることができます。標準的な配送と同様に、他の誰かに役立つ何かをする強い動機となり得ます。ゲームの初期のセクションでは、他の人への助けを残していたよりも、はるかに多くの(誰かが残した)構造を使用していました。
 しかし、私はそれを前払いし、私の助けが高く評価されたことを知りたいと思ったので、私は自分が本当に必要としなかった構造を構築するために「寄り道」を始めました。マップにはインスタンスのオンライン構造が表示されるため、他の人のために記入できるエリアを簡単に見つけることができます。
 最初は、「いいね」システムはソーシャルメディアと外部検証への依存に関する非常に明白な解説のように思われます(いわば不埒なプレイヤの排除)。しかし、それは批評ではなく、それは非常に人間の受け入れの必要性に対する肯定的な姿勢です。そして、このシステムは、あなたの周りの人々、NPC、そして「ネットワークの向こう側にいるプレイヤ」のためにベストを尽くすようあなたを促すという驚くべき仕事をします。
 本当に感謝されていると感じることは、人生ではめったに起こらないことがあります。

G


スーパー BB メソッド へ続く


スポンサーリンク