スポンサーリンク

[ビジネス]AT&T は Warner Bros. Games を売却しません

 

Push Square の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

本当に今回は、AT&T は Warner Bros. Games を売却したりはしません
複数のジョーカー


Sammy Barker Wed 2020.9.2 11:15




 

 皆さんは思い出されるかもしれません。AT&T が、Warner Bros. Games の長期債務を解消しようとして売却しようとしたことを
 以前、開発会社はまだ$ 40億で買収可能ではないかとのオンライでの憶測もありました。その後、組織は、Rocksteady や NetherRealm などのスタジオはもはや売りに出されていないことを示唆する文書を出しました。

 

 匿名のソースをを引用した Bloomberg の新しい報告によると、この資産は途轍もなく価値が高いため、巨大組織のゲーム部門は今後も止まり続けるとのことです。
 Electronic Arts、Take Two、Activision、そして(PlayStation ユーザにとっては)心配なことに、Microsoft は、すべてビジネスの購入に関心を示していました。しかし、ほとんどのスタジオが Warner Bros. の知的財産に基づく作業していることを考えると、特に実現可能な買収のようには考えられませんでした。

 

 そのため、潜在的な希求者は、この部門を購入するために多額の資金を投入する必要があるだけでなく、ライセンスを継続して使用するために使用料を AT&T に支払う必要があります。
 Warner Bros. Games の今後の予定タイトルには、

  • Suicide Squad: Kill the Justice League
  • Gotham Knights
  • ハリー・ポッター の RPG(公式発表はまだありません)

があります。

 

 もちろん、このニュースの利点は、ゲーム部門に混乱が生じることはなく、複数のプラットフォーム向けの優れたゲームの制作に戻ることができることです。
 当然のことながら Xbox による買収は、かつて宣伝されていたように、上記のタイトルの PS5 での発売を凍結させてしまう可能性がありました。

 

P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる



過去記事紹介


[EA]大型買収の可能性を示唆(財務報告より)
[ビジネス]Warner Bros. Interactive は売却されず、再構築の可能性

記事に戻る



 

管理人からひとこと

もし購入可能なら、Microsoft は特に余裕で購入できるでしょうが。
もっとも、買収金とは別にライセンス料を支払うというのは割に合わないように思われます。


スポンサーリンク