スポンサーリンク

[PlayStation 5]Unreal Emgine 5 のデモにある「隙間」シーン

 

Push Square の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

PS5 での Unreal Engine 5 のデモでの隙間への侵入シーン
偽装されたロード画面ではないと Epic は述べています

ふぅ


Robert Ramsey Fri 2020.5.15 13:00




 

 最近の Unreal Engine 5 のデモは、見た人たちに確かな印象を残しています。
 PlayStation 5 で実行されていたのは、誰かが実際にプレイしている間にキャプチャされた、すべてリアルタイムの映像でした。それは、ソニーの次世代コンソールが何を可能にするかについて、最初の詳細で、かつ豪華でした。

 

 しかし、デモの潜在的な懸念をすぐに指摘する多くの人がいます。
 映像の序盤、ゲーム内のキャラクタが次のエリアに到達するために狭い隙間を通り抜ける場面があります。そして、ご存じのように、そのような状況は通常、ゲームが必要な読み込み画面(時間)を覆い隠していることを示しています。

 

 なぜこれが問題なのですか?
 まあ、PS5 のカスタム SSD については多くのことが言われてきました。これは、システムの他のビルド(メモリ、CPU等)とともに機能し、ほぼ瞬時の読み込みを可能にします。これは大きなセールスポイントです。
 そして、最初の PS5 技術デモでロード画面が偽装された可能性が浮上することになり、だとするなら信頼性を奮い立たせないものとなります。

 

 しかし、Epic Games の特別プロジェクトにおけるテクニカルディレクタの Jeff Farris 氏によると、注目されていた狭い隙間に侵入してゆく場面はロードトリックではありません。Farris 氏は Twitter で次のように述べています。
「あの通り抜け場面は私たちにいくつかの目的(詳細、アニメーション、オーディオ、全体的なデモの流れ)があったからです。ただそれに対して、『ロード(時間)を見せないために必要だと考える人々』がいるのではないかという小さな懸念がありました。そうではありません 」
 これが答えです。

 

 特に、想定されるローディングを取り巻く話題が、過去数日間、人々に騒がれているので(ミームが作られてしまうほど)、それらを明確にするのは良いことです。
 Farris 氏の投稿は物事を明確にするのに役立ってくれることを願います。

P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる


 

補足 カタカナ表記


原文カタカナ表記
Jeff Farris ジェフ・ファリス


先頭に戻る




過去記事紹介


[PlayStation 5]Unreal Engine 5 の技術デモ初公開

記事に戻る




 

補足 覆い隠している

 大変に単純な解説になりますが、ゲームで、プレイヤに見せる場面の(主にグラフィック)データを最小限にすると、マシンの処理に余裕が生まれます。
 それを利用して、次に必要となるデータを「裏」で読み込んでおく仕組みです。これにより、プレイヤにとってのロード時間が短縮、あるいは実質ゼロになります。

記事に戻る



 

管理人からひとこと

知ってたw
重要な技術デモで、そんな姑息なことをする必要ありません。
まだ本気を出していないかもw
次世代機完全公開前にデモとはいえ、ゲームプレイが見られるのは伏木な感じです。


スポンサーリンク