スポンサーリンク

[EA]今年発売の現世代機用ゲームは、無料で次世代機用へアップデート(決算報告より)

 

VG247 の記事を翻訳いたしました(個人名・企業名は原文のままです)。
 固有名詞のカタカナ表記は補足でご確認ください。
 文中の英語(緑色のリンク)をクリックしても確認できます(↑で記事に戻る)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

EA の今年のクロスジェネレーションゲームは、
PS5 および Xbox Series X への無料アップグレードを提供します


Sherif Saed Wednesday, 6 May 2020 14:13 GMT


 

 EA は、ゲームの購入者が PS5 および Xbox Series Xに無料でアップグレードできることを明らかにしました。

 

 EA の「2020会計年度第4四半期」の収益報告が行われました。その一環として、パブリッシャは、今年発売されるクロスジェネレーションゲームを無料で PS5 および Xbox Series X で動作するようにアップグレードできることを公表しました。

 

 EA の COO である Blake Jorgensen 氏は、(上記の対応をすることで、)EA は2021年度の「収益」への影響は認識したが、通年の「売上高」に影響を与えるものではないと指摘しました

 

「今年は段階的に、現世代のコンソール用に発売しているゲームからの収益認識の効果が含まれています。これは、次世代にも無料でアップグレードできます。その段階的計画におけるその影響の予備的な見積もりを作成しましたが、これは通年の純予約にもキャッシュフローにも影響を与えません。
 業績評価のタイミングにのみ影響することに注意してください」
 と Jorgensen 氏は投資家に語りました。

 

 彼は、このアップグレード制度がどのように機能するか、またはどのゲームがそれをサポートするかについては詳しく説明しませんでした。

 

 Microsoft はもちろん、自社のすべてのファーストパーティゲームがスマートデリバリー機能の恩恵を受けることをすでに公表しています。これにより、プレイヤは一度ゲームを購入したら、コンソールに適したバージョンを入手できます。
 CD Projekt Red などのサードパーティスタジオは、『Cyberpunk 2077』でこれを利用しますが、最終的な決定はパブリッシャ次第です。

 

 ソニーはまだ同様の取り組みを行っていませんが、Jorgensen 氏のコメントは、PS5 が Xbox Series X とそれほど変わらないことを示唆しているようです。
 もちろん、経営幹部が単に下位互換性について言及している場合を除いて、たとえば、『FIFA 21』(クロスジェネレーションゲーム)の購入者は

  • PS5 で PS4 版
  • Xbox Series X で Xbox One 版

をそれぞれ(アップグレードして)プレイできるようになります。

V


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる


 

補足 カタカナ表記


原文カタカナ表記
Blake Jorgensen ブレイク・ヨルゲンセン


先頭に戻る




過去記事紹介

 以下の記事で詳しく説明しております。

[解説]事業年度と四半期

記事に戻る




 

補足 COO(chief operating officer)

 最高(業務)執行責任者。

記事に戻る




 

補足 「収益」と「売上高」

 少々回りくどい発言なので、各用語も含めて解説しておきます。

 

収益(revenue)

 企業における、資本取引以外の会社の活動により資産が増加すること。
 よって、完全に明確な「増加分」そのものを指します。

売上高(net seles)

 企業における本業によって得られる収益。
 製品、サービス等の販売益がこれに該当します。
 よって、動産・不動産等をなんらかの理由で売却し収益があっても、売上高には計上されません。
 また、製品、サービス等を提供するには一定の費用がかかります。そのため、売上高から、それに伴う支出を差し引かないと「利益」は算出できません。
 ゲームに関しては、パッケージ版の販売より、オンラインショップやサブスクリプションサービスの方が明らかに算出しやすいのはお分かりかと思います。

 なお、「売上」と「売上高」は、厳密には区別され用いられる言葉です。
 売上という言葉は、日々の販売記録として用いることができます。
 対して、売上高は、一定期間内の売り上げの総計を指します。よって、会計報告では、年度または各四半期の「売上高」が公表されます。

 

 さて、そこで記事中の発言になるわけですが、
「同一のゲームで世代別のバージョンを販売し、かつ、無料のアップデートを提供することは、EA の利益に対して全く影響を与えるわけではないが、本質的な『販売本数』(売上高)は極端に変わらない」
 という認識でよかろうと考えます。やはり回りくどい説明ですが。

記事に戻る




 

補足 純予約(net booking)

 年次スポーツゲーム(2K Sports)を複数タイトル抱えているため、予約・販売予測は立てやすいものと思われます。ソースに解説はありませんが。
 セガから買い取って大成功を収めました。

記事に戻る




 

補足 タイミング

 今年度の各四半期報告では、前年度のそれと比べて数字の上で違いが生じ得る、という意味だと思われます。

記事に戻る



 

管理人からひとこと

補足が記事並みに長い定期^^;
それにつけても、昨年の発売より膨大な利益をもたらす、
『FIFA 20』と『Star Wars Jedi: Fallen Order』よ!!


スポンサーリンク