スポンサーリンク

[The Last of Us Part II]リーク騒動の顛末 一応の決着

 

Push Square の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

The Last of Us Part II のリークは明らかにハッカーによるもの
Naughty Dog とは無関係

事件は解決しましたか?


Stephen Tailby Sun 2020.5.3 13:00



訳者注
 この記事は、ソースにおいて一度更新されました。この翻訳では時系列に並べてあります。



 

最初の記事:『The Last of Us Part II』を取り巻く話は、先週あたりから制御不能となっています。
 来たるべき PlayStation 4 独占ソフトにおける大規模なストーリィのネタバレをした人物は、開発会社 Naughty Dog (の労働環境)に不満があった従業員であったと強く主張されています。
 結局のところ、これは完全に誤りです。

 

 ソニーは、GamesIndustry.biz へ声明を出し、この厄介な状況についてついに沈黙を破りました。同社の広報は、「今週初めにリークした人物を特定した」と発表しました。
 また、「Sony Interactive Entertainment や Naughty Dog とは関係がなかった」とも公表し、この騒動に終止符を打ちました。

 

 ソニーは、それとは別に「情報は現在進行中の調査の対象であった」として、この件についてのさらなるコメントは拒否しました。

 

 結論として、「(Naughty Dog に)不満を持つ従業員説」はすべてのナンセンスであることが判明しました。良い知らせは、ソニーが「犯人」にたどり着いた付いたということです。うまくいけば、このすべてがまもなく終了します。

 

 他のニュースとして、飛び交った噂の一つをご紹介しておきます。
 Naughty Dog のシニアゲームデザイナがスタジオを離れて、Microsoft が新しく買収した子会社の Double Fine で働いていたとの主張があります。しかし、その従業員 Edgar Newman を名乗る人物は実在しません。また、彼の LinkedIn のプロファイルは偽造されてたものであり、削除されました。
 それは、『Division』でリードゲームデザイナとしてリストされているといった内容でしたが、実際には別の人物ががその役割を果たしています。このような、さまざまな矛盾があったため偽造と証明されました。

 

更新: 信頼できるジャーナリスト Jason Schreier 氏によると、『The Last of Us Part II』の(詳細な)リーク映像は、明らかに、ハッカーによって明らかに入手されたとのことです。
 ハッカーは、カリフォルニアの開発会社 Naughty Dog のサーバにアクセスするために、古いゲームのパッチにあるセキュリティ脆弱性を使用したようです。
 (漏洩したものは)明らかに、開発の古い段階の映像です。

 

 Schreier 氏は続けます。
「給与支払いに関する(開発の)請負業者による抗議行為だという噂は真実ではありません。Naughty Dog は実際に、COVID-19(の感染拡大) により請負業者に給与と医療給付を提供しました」

P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる


 

補足 カタカナ表記


原文カタカナ表記
Jason Schreier ジェイソン・シュライアー


先頭に戻る




過去記事紹介


[The Last of Us Part II]ネタバレ動画のリークから今日までの流れ

記事に戻る




 

補足 Double Fine


 ゲーム開発会社。設立は2000年。
 2019年6月9日、E3 2019 での Microsoft の記者会見中に、Double Fine の買収を発表し ました。
 2020年『Psychonauts 2』を発売予定。

記事に戻る




 

補足 Division

 ゲームの設定では、2015年のブラックフライデーに、紙幣に付着したウイルス「The Dollar Flu(ドルインフル)」によってニューヨーク市に感染が蔓延します。主要都市は封鎖という状態に置かれます。
「ディビジョン」のエージェントは秩序を取り戻すために活動を開始します。

記事に戻る




 

補足 別の人物

 クレジットされている主たるデザイナは、Matthias Karlson 氏です。

記事に戻る



 

管理人からひとこと

このニュースは、いずれ決着すると思って、すぐには翻訳して公開しませんでした。
明確になったので、一応安心ではあります。
舞台裏は、完全には明かされないかもしれませんが。深い意味はありません。
それと、もう一つの噂も含めてパンデミックつながりというのがなんとも((((;゚Д゚))))
映画化、はまあ無理かw


スポンサーリンク