スポンサーリンク

[Final Fantasy VII Remake]パッケージ版の海外向け出荷、早まる

 

PushSquare の記事を翻訳いたしました(個人名は原文のままです)。
 訳文の一番下にあるボタンからソースのページに移動できます。


 

Final Fantasy VII Remake がヨーロッパとオーストラリアで
「はるかに早く」出荷されると、スクウェア・エニックスが公式発表

初期のパッケージを世界へ


Robert Ramsey Mon 2020.03.30 14:00


 

 スクウェア・エニックスは新たな声明を発表し、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、『Final Fantasy VII Remake』の出荷と配送に再度対処しています。パブリッシャは、ヨーロッパとオーストラリアで、次の RPG タイトルが当初の予定よりも「はるかに早く」出荷されることを表明しました。

 

 開発チームは次のように書いています。
「COVID-19 の蔓延によって引き起こされた流通経路の混乱により、発売前の最後の数週間で難しい決断をしました。これらの独特の状況により、弊社の世界的な出荷のタイミングを合わせることが非常に困難になりました」

 

「私たちの最優先事項は、現在最も大きな混乱に直面している国に住んでいる人を含め、すべての人がローンチ時にゲームをプレイできることです。そのため、ヨーロッパとオーストラリアに通常よりはるかに早くゲームを出荷することを決定しました」

 

 つまり、潜在的な遅延に対処するために、ゲームは予想よりもはるかに早く発送されています。もちろんこれは、事前注文した方が、来週の4月10日の正式リリース日までに『Final Fantasy VII Remake』を手に入れる可能性があることを意味します。

 

 北米については、スクウェアエニックスは次のように述べています。
「南北アメリカを含む他の西部地域では、今週コピーが出荷され、ほとんどのお客様が発売日にゲームを受け取ることになると楽観的に思っています。しかし、前例がないため、国や小売業者ごとに(明確な)配達日を提供できない状況です」

 

 パブリッシャはまた、早期にゲームを入手する人たちにネタバレに注意するよう求めています。

 

 スクウェア・エニックスがこのアプローチを取っていることをうれしく思いますか?
 以下のコメントセクションで、『Final Fantasy VII Remake』を文字通り「手にする」ことを祈ってください。

P


ついでに、「管理人からひとこと」を読んでみる



 

補足 新型コロナウイルス(COVID-19)

 Google による、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の分布地図と感染者数等のデータはこちらで確認できます。

記事に戻る



過去記事紹介


[Final Fantasy VII Remake]パッケージ版のリーク ネットでのネタバレ注意喚起!!
[Sony]EU において PSN のダウンロード速度を制限
[Sony]北米でも PSN のダウンロード速度の制限(EU では実施済み)


 

管理人からひとこと

改めて驚きます。世界的物流網の偉大さを(。≧ω≦。)ノ


スポンサーリンク